2016.11.0619:47

ネグザ

終わっちゃいましたねー。
なんだかんだ1弾からやってたので寂しい限り。

たぶんこのブログの更新頻度も(ただでさえ遅いのがもっと)遅くなると思います。
書くネタあったらてきとーに書いてると思うので全国にいらっしゃる数人の僕のファンの皆さんは待っててくださいね!
スポンサーサイト
2016.08.2123:02

ぶしねこ杯

ぶしねこ杯、行ってきました。
第0回で優勝?なんのことかな?

http://www.carddass.com/cdmasters/nexa/cardlist/decksrc/201608/1471786866.html
(※Vガンダムコンビは新プロモのVガンダム&ガンイージの代用です)

デッキは赤青Vガンダムを使用。
Vガンダムを使ったデッキを考えながらも実践に移さないまま月日が経ってしまったのでいい機会だと思い使用を決定しました。
茶色に絶望的なほど不利なデッキではありましたが、茶色をメタったデッキに強いので上手く拾っていければなーって感じでした

・1回戦:白単SEED○○

フリーダムにアドバンテージを極力取らせないことを意識しながら盤面を作るというのが対SEEDの基本になります。
ウイングトールギスに本国を削られてヒヤヒヤしていましたが、本国の残りが奇跡的なかみ合いで縦勝ちできました。

・2回戦:白単SEED○×△

2本目でカウンターもドローも引けないままフリーダムが通ってしまい、投了するか悩みましたが相手の引きも芳しくないようでそのまま続けてみることに。
結果バウンスしたフリーダムを共有Gで戻され続け、時間切れ直後に本国0になり無念の引き分け。
時間内に決着をつける手段の取捨選択はしっかりしないといけないということを学びました()

・3回戦:緑黒サイクロプス○○

2本とも相手の方がドップグフを決めてきて頭がクラっとなりましたがこっちの引きも強く縦勝ちできました。

・4回戦:赤タッチ青Vガンダム○○

ミラーはアドバンテージ確保およびその妨害を主軸に置くマッチアップがほとんどとなります。
カウンターのタイミングや引きの左右のされやすさなどヒヤヒヤさせられる盤面が多かったですが、なんとか勝つことができました。

横の1番卓の階段が崩れ同点の勝率差で順位が決まることに。
結果勝率が一番高かったようで、優勝することができました。

あまり調整時間をとることはできなかったですが、良い結果を出せてとてもうれしいです。
またチャンスあればネグザやりたいなー。
2016.03.1118:00

オルフェンズ

http://www.carddass.com/cdmasters/nexa/cardlist/decksrc/201603/1457686217.html

鉄血のオルフェンズデッキです。
基本的にほとんどのカードが固定パーツなので、ある程度の部分まではほとんどの人のレシピが同一のものだと思います。

基本的にミラーは先攻ゲーなので、後攻でとれるアクションがどれだけ用意されているかがミラー攻略の鍵と言えるでしょう。
僕は「少年たちの旅立ち」からの「オルガ・イツカ」がそれだと考えたので、それを意識したデッキレシピにしています。

当たり負けが少なく、序盤から終盤まで本当に隙がないデッキなので、ネグザ大戦のトップメタ筆頭かと思われます。
2016.03.0619:33

白単SEED

http://www.carddass.com/cdmasters/nexa/cardlist/decksrc/201603/1457250362.html

茶単が流行っている現状、他の色を使用して勝ちに行くためには、ゲームの速度を伸ばすというアプローチが一番の近道かなと考えたのでそれを意識した構築にしています。
ウイングデスサイズにシンアスカや各種除去コマンド、ニュートロンジャマーキャンセラーを利用してとにかくゲームを遅くしましょう。
第4形態の転向テキストに対しては、採用ユニットの極端な戦闘力の偏りをなくすことによってある程度の対策とすることが可能です。

茶に対する初手の要求値はかなり高いですが、茶への対抗馬筆頭はこの白単SEEDといえるでしょう、
2016.01.3115:26

サテライト大会 福岡

出てきました。
デッキは装弾ダブルオーを使用。

http://www.carddass.com/cdmasters/nexa/cardlist/decksrc/201601/1454165446.html

1本勝負であるサテライト大会においては、マッチアップ的裏目を可能な限り小さくすることが求められます。
サテライト福岡が発表された時点では、サテライト秋葉原の結果が発表されていましたが、そこではコンボデッキがある程度の結果を出していました。
カウンターを絡められないカラーリングではこういったデッキ相手に裏目が発生してしまうので、マルートモードを使用できるカラーリングのデッキを使おう、と決めていました。
同じくサテライト秋葉原ではVガンダムが優勝していたので、最初はこれを使おうかなと思っていたのですが、現状の構築だとGレコデッキ相手に少し裏目を感じたので、マフティー動乱の使用できるダブルオーの使用を決定しました。
採用を検討した装弾コマンドのほとんどが「閃光のハサウェイ」Gサインのカードだったので、相性のいいペーネロペー'sも同時に採用することに。
特にペーネロペー(フライヤー・モード)はダブルオーのアキレス腱であった5ターン目の動きを大幅に改善しつつ、状況に適したカードをサーチすることができるので、これだけは外せないな、と思っていましたね。

以下戦績

・1回線:Gのレコンギスタ○
・2回戦:紫単ソレスタルスフィア×
・3回戦:青赤緑装弾ダブルオー○
・4回戦:緑赤ダブルオー○
・5回戦:赤タッチ青Vガンダム○

4-1で2位という結果でした。
中佐の称号をいただきました(ぶしねこさんに並んだ!)

ソレスタルスフィア戦では後攻スタートからの天使の落日2枚に大幅にテンポを持っていかれ敗北。
痴話げんか?で決死の攻撃もケアされていて、正直完敗でした。
他の試合も1ミスが敗北に直結するようなヒヤっとする盤面がいくつもありましたが、運よく勝利することができました。

望外の成績を出すことができて正直自分でもびっくりしています。
調整に付き合っていただいたプレイヤーの方々のおかげです。
本当にありがとうございました。

改めて、参加されたみなさん、スタッフ・店員の方々、お疲れ様でした!
プロフィール

モウハ

Author:モウハ
書き殴り。
twitterID @yurihime0107

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR